もしかして停滞期!?ダイエットで体重が減らない時の対処法

ダイエットをしていると必ずやってくるのが「停滞期」。
これまで順調に落ちていた体重が突然ピタリと減らなくなってしまうと、ダイエットへの意欲が低下して、「もうこんなダイエットはやめてしまおうか…」などと投げやりになってしまいがちですね。
でも、停滞期がくるというのは頑張っている証拠!
ここでダイエットに挫折してしまったら、これまでの努力が水の泡です。

そこで、気分が滅入りがちな停滞期をどのように過ごせば良いのか、またどうすればこのピンチを早く乗り越えられるのか、その効果的な対処法を紹介したいと思います。 ダイエット成功に向けて、これらの知識をしっかり身に付けていきましょう。

急に停滞期がくるのはなぜ?

ダイエットを始めると、最初のうちはストンと体重が落ちる人も多いのですが、そのままダイエットを続けていると1カ月くらい経った頃か、あるいは体重が5%程度減ったあたりで停滞期が訪れます。
停滞期というのは、人が生まれながらに持っている「ホメオスタシス」という機能によって引き起こされる体の自然現象。
ホメオスタシスとは「恒常性」のことで、体を危機から守る大切な役割を果たしています。

例えば、ダイエットによって摂取カロリーが減ると、飢餓状態を察知した体は生命活動を維持するためにカロリー消費を最小限に抑えて体重の減少を食い止めようとします。
よく山で遭難した人が1週間も食料なしで生き延びたという話がありますが、これもホメオスタシス機能によって消費カロリーが極限まで減らされたおかげ。
このように、人の体は、飢餓状態でも少しでも命を長くさせるために働いてくれるのです。

でも、ダイエットに励んでいる人にとっては、この機能はありがた迷惑に感じることでしょう。
がんばってキツいダイエットに耐えているのにちっとも結果に反映されないのですから、ダイエットのモチベーションが保てませんよね。

しかし、停滞期が訪れるということは、ダイエットが順調に進んでいる証なのです。
大切なのは、ここで諦めたり、痩せないからと無謀なカロリーカットをしたりせず、これまで通りのやり方を地道に続けていくことです。

停滞期はいつまで続く?

個人差はありますが、停滞期の長さは一般的に2週間~1カ月程度と言われています。人によってはそれ以上続いてしまうケースも。
少しでも早く停滞期を抜け出したいと誰もが思うものですが、焦らずにダイエットを続けていけば停滞期はいずれ終わります。

ただ、極端に摂取カロリーを減らすようなダイエットは停滞期が長引く傾向にあるため注意が必要です。
ダイエットに食事管理は不可欠ですが、必要な栄養まで削ってしまうような無理な食事制限は、停滞期を長引かせたりリバウンドの危険を招いたりするので、あまりおすすめできません。
ダイエットを続けてさえいれば、停滞期のトンネルはいつか抜け出すことができますが、少しでも早く痩せたいという人のために、なるべくスムーズに停滞期を終わらせるコツを紹介したいと思います。

停滞期を早く脱出する方法

前述のように、停滞期に突入してもこれまで通りのダイエットを続けていればいずれ体重は落ちてきます。
でも、できるだけ早く痩せたい人や、1カ月を過ぎても停滞期が続いているような人は、これから紹介する対処法を行って体に刺激を与えてみましょう。
停滞期は何をしても成果が出にくい時期ではありますが、ダイエットのやり方にすこし変化を付けることで体の代謝がアップし、停滞期から早めに脱出できる可能性があります。

栄養バランスのとれた食事をする

停滞期が長引いて痩せにくくなっているのは、もしかしたら体が栄養不足に陥っているからかもしれません。
いくらダイエットとは言え、体に必要な栄養素が足らなくなってしまうと、代謝が下がって脂肪を溜め込みやすい体になってしまいます。体の循環を良くして痩せやすい体内環境を作っていくためには、5大栄養素を意識して毎日バランスの良い食事をとることが大切。
心当たりのある人は、ぜひ食事内容を見直してみましょう。

良質なたんぱく質をしっかり食べる

体重が減るときは、脂肪と一緒に筋肉も減っていくもの。 ですが、美ボディを目指すには筋肉量を維持することが非常に重要です。
なぜなら、筋肉は美しいプロポーションの土台となる上に、筋肉量の多い体は基礎代謝が高いためダイエット後のリバウンドを起こしにくいからです。

筋肉量を維持するためには、筋肉の元となるたんぱく質をたくさん食べる必要があります。
おすすめなのは、高たんぱく低カロリーの鶏ささみ肉、鶏むね肉、豆腐や納豆などの大豆製品。
たんぱく質は、筋肉のみならず、美しい肌や艶やかな髪を作るために欠かせない栄養素なので、美容のためにもぜひ積極的にとりましょう。

運動の負荷を上げてみる

運動は、続けていくうちに体が慣れて効果が出にくくなってきます。そんな時は、運動の負荷を上げて体への刺激を増やすのがポイント。
実は、運動は楽だと感じる程度の負荷ではあまり効果が期待できないのです。しっかりダイエット効果を出すには、ある程度キツいと感じる負荷を体にかけなければなりません。

また、これまでと違う部位をトレーニングしたり、筋トレしかしていない人は有酸素運動をメニューに加えたりすることも非常に効果的です。
運動の負荷を上げたりいつもと違うトレーニングメニューを試したりといった変化は気分転換になりますし、ダイエットのマンネリ化を防いでモチベーションを維持しやすくなるというメリットもあります。

1日1.5リットルの水を飲む

体内の水分量が少なくなると、「むくみが生じる・便秘になる・老廃物が排出されづらくなる・代謝が低下する」といった、ダイエットにはありがたくない現象が起こってきます。
そのため、日ごろからこまめに水分を補給して、体内のデトックス効果を高めていきましょう。
目安は1日1.5リットル。
朝起きた時やトイレに行った後、食事の際などに、コップ1杯の水を飲むのを習慣にしましょう。

まとめ

停滞期はダイエットをしている人には非常につらい試練ですね。
でも、しくみを知って停滞期とうまく付き合っていけば、ダイエットの成功率は飛躍的に高まります。
もし停滞期の過ごし方に悩んだら、ぜひこちらの記事で紹介した対処法を試してみてくださいね。

  • おすすめエステ体験ランキングを見る
  • 痩身エステ体験レポートを見る